ドアにも、ルールがある。

間取りが完成間じかになってくると家具や窓・ドアなどを追加していきますが、
素朴な疑問が一つ
ドアの向きをどうしようか?という疑問が出てくると思います。

いつも無意識に開けて閉めるドアにもルールがあります。

1室に同じ大きさのドアを同じ位置に取り付けていきます。
同じドアでも4パターンの開き方が考えられるわけですが、
実は、正しい開き方は、一つしかありません。
下記の図をご覧ください。


廊下を人が歩いていますね!
CとDは外開きです。

外開きドアにすると、廊下をもし歩いている人がいたら、
ドアを開けたときにぶつかってしまい危険です。
のでCとDは間違いです。

ノックして部屋に入る人はいても
ノックして廊下へ出る人はいない。
基本的にはドアは内開きなのです。

では、AとBを見てみましょう。
自分の部屋に入る時を思い出していただければ、お分かりでしょう
Bが正解です。
下記の図を見てください。

Aは、ドアを90度開かないと室内に入れませんし、
そのうえ壁とドアに挟まれたまま通らなければなりません。
Bなら、半開きでもすぐに部屋の中央に入ることができます。

ドアにもルールがあり、常に人の妨げにならないように作られているのです。
とはいえ、例外もあります。

例えば、トイレのドアは外開きが多いのです。
具合が悪くなるとトイレへ行きますよね。
そのとき内開きだと、具合の悪い人が中で倒れている時にドアを開けれないため
トイレのドアは、外開きなのです。

茨城県知事免許(8)第3559号 建設業許可(般-22)第20357    
つくばランドエステート株式会社
〒305-0035 茨城県つくば市松代2-7-2
℡029-855-1900 Fax029-851-3211
mail: info@tsukubaland.co.jp